3件目 小屋プロジェクト3

2014-12-29 | 00:49

IMG_3239.jpg
今日は 昨日立てて高さをそろえた柱に 梁をはめる溝をほるところから
またいいこと思いついて 墨付けするかわりに チェンソーを切り進めるときの目安になる材をかりどめしてみた 

IMG_3241.jpg 
こっちから ねらいをさだめて切る

IMG_3242.jpg 
こうして 

IMG_3243.jpg 
こうなって

IMG_3244.jpg 
最期はチェンそー寝かせて突っ込み切り 普段はやらない技で 突っ込む時のキックバックの危険性あり 

IMG_3245.jpg 
こんな感じ なかなかいいと思う 


IMG_3251.jpg 
えんじゅは チェンソーが 怖いのか ぼくがつかいだすと  やめて! やめてー! と 逃げて遠くからみてる



 

IMG_3258.jpg 
次は 梁にする材に 柱にハマるように溝を彫る  角材なので 墨付けができるので楽


IMG_3259.jpg 
丸のこの刃を 溝の深さ分だけ出して きりまくる

IMG_3260.jpg 
で とんかちでバキバキ おって

IMG_3267.jpg 
鑿でちょちょっときれいに仕上げて 完成 


IMG_3262.jpg 
梁につかう材は 松で 長さ4メートル50くらいあって重いので チェーンブロックの登場 


IMG_3264.jpg 
チェーンブロックで梁をあげて 柱にはめる    

いいかんじだぞ!!


IMG_3265.jpg 
奇跡!!! 一発で芸術的なはまりかた!!!  

IMG_3266.jpg 
正面からの図 水平もバッチリ   


IMG_3275.jpg 
暗くなる前に何とか 二本目の梁も あげれた 今日はこれまで 




IMG_3269.jpg 
ノミの 練習するえんじゅ


IMG_3273.jpg 
墨つぼ の練習するえんじゅ


IMG_3247.jpg 
脚立も登れるようになったえんじゅ


 




スポンサーサイト

3件目小屋プロジェクト 2

2014-12-27 | 23:54

IMG_3213.jpg 
柱を 立てるのに 柱の下の部分を 水平にカットしないと 当然うまく立たないが  角材ならサシガネで 水平になるように墨付けしてからカットできるけど  今回4本の柱のうち3本丸太でやるので 丸太の場合 墨付けができない  いや たぶんやりかたはあるだろうけど 知らないので  ぼくはチェンソーの向こう側に かけて地面と垂直になってる水平機(5円玉を紐で垂らしたものでもなんでもいい) を目安に あとは 感覚で カット  
切った後 ぱっと見 水平になってなかったら もう一度トライ  何度か切って ぱっとみ たぶん水平にちがいないとゆう感じにきれたら オッケー  

ちなみに 基礎では水平だしてなくて 長めの柱をたてといてあとから 柱の上部で水兵を採る作戦なので なんども切りなおすとゆうことができる



IMG_3215.jpg 
柱の下は 基礎と固定するための溝をほる  
チェンソーで きれこんで
IMG_3216.jpg 
鑿でしあげる

IMG_3237.jpg 
こうして固定



IMG_3217.jpg 
最期に立てる柱は 基準にする作戦なので あらかじめ 決めた高さになるようにきって そのあと梁がはまるような溝を彫っといた
チェンソーで 縦に二か所きって 最期は突っ込み切り 


IMG_3219.jpg 
なんとか4本立てて  つっかい棒で仮どめ



IMG_3221.jpg 
ちなみに つっかい棒固定する杭を打ったり 家を建てるのになにかと必需品のカケヤは カシの木で自作 
うちではカケヤは消耗品 このカケヤは5本目くらい  薪割りの時クサビ打ち込む時ガンガンぶったたいてよく壊す


IMG_3220.jpg 
次は 久々の登場 水盛りマシン

IMG_3222.jpg 
宇宙の法則で高さをあわせる  


IMG_3227.jpg 
とちゅうコトリが二羽 作業をすぐちかくで見物してた チェンソーやったら 逃げると思ったので静かに作業


IMG_3228.jpg 
水盛りでレベルを合わせた柱を どうやって水平に切ろうか考えてたら 凄いいいこと思いついた 
基準の柱からまっすぐな材を 水平にわたして仮止めして その材に はわせるようにチェンソーのバーをあてて切ったらいいじゃないかーーーーー!!!  小さな小屋だからなせる技だが すごい発明だ  いや たぶんこうゆうやり方はもともとあるんだろうしきっともっといいやり方もあるんだろう      


しかし その都度 どうやって建てればいいのか 考えながらやっているので作業してる時間よりじっと材を見つめながら考えてる時間の方が 圧倒的に長い  でも それが楽しい 

で カット

IMG_3232.jpg 
すばらしい 


IMG_3235.jpg 
4本の柱の高さがそろった  

今日はこれまで


IMG_2809.jpg 
釘を 打つ練習をするえんじゅ



3件目小屋プロジェクト 1

2014-12-25 | 23:28

 出店シーズンも終わって長い冬休みに突入したので 待ちに待った 小屋プロジェクト再開
  


小屋プロジェクトとは  金もなければ大工さんでもない しかし夢のマイホームを自分でたてたい 
と 長年思い続け   去年アラフォーのかあちゃんが マイホームは夢でおわるのかーーーとため息をついたことから
とおちゃん 重すぎる腰をやっと上げ   タダでもらえる廃材集めて とりあえずいきなり家はむりそーだから小さな小屋からはじめてみっかー とゆう
プロジェクトだ


CIMG9889.jpg  
一発目2013年 4月に建てた  畳一畳ほどの物置小屋
建築作業はこちらから
http://peacefactory2007.blog3.fc2.com/blog-entry-158.html
http://peacefactory2007.blog3.fc2.com/blog-entry-159.html

IMG_0358.jpg 
2軒目 2014年 1月 畳8畳強の東屋  屋根が出来た時点で 山ほど廃材をもらってきてここに置いたのでその時点で作業ストップ そのうち 作業小屋になる予定
http://peacefactory2007.blog3.fc2.com/blog-entry-173.html
http://peacefactory2007.blog3.fc2.com/blog-entry-174.html
http://peacefactory2007.blog3.fc2.com/blog-entry-175.html
http://peacefactory2007.blog3.fc2.com/blog-entry-176.html
http://peacefactory2007.blog3.fc2.com/blog-entry-177.html
http://peacefactory2007.blog3.fc2.com/blog-entry-178.html
http://peacefactory2007.blog3.fc2.com/blog-entry-179.html
http://peacefactory2007.blog3.fc2.com/blog-entry-180.html
http://peacefactory2007.blog3.fc2.com/blog-entry-181.html


で 山ほどもらった廃材で 今回3件目を 建てます



IMG_3128.jpg 
まずは 建設予定地に建ってる傾いた畳10畳の大きさの物置小屋を解体 
IMG_3138.jpg 
こうして
IMG_3140.jpg
こうして
IMG_3144.jpg 
こう  じみに これで3日かかった 
IMG_3145.jpg 
小屋がたってた場所にはとんでもない地割れが 
IMG_3146.jpg 
ぼくの身長ぐらいある鉄の棒をさしたら どこまでもささる!!! ちなみに家はもともと急斜面に 石垣をつんでむりやり平らな土地を作って建てた家なので 多少地面がすべっていてもしかたないが 次デカイ地震が来たら やばいかな

地割れはきになるとこだけど まー 練習なのでここにとりあえず3件目たてよう

IMG_3164.jpg 
まずは 何とかの法則 3m 4m 5mの三角形でちょっかくをだして 基礎を打つ場所をきめる 
ちなみに 今回は 出来るかどうかはやってみないとわかんないから途中で変更するかもしれないけど
いまんとこ 4畳半2階建てで 下は物置 上は茶室的な小屋が できたらいいなーと思っている

IMG_3171.jpg  
独立基礎ようのコンクリート練り練り  写真を撮影したのは なんと えんじゅ2歳 この調子で撮影がかりやってくれるかな
 

IMG_3180.jpg 
これを4隅に  ちなみに独立基礎とゆうのは こうゆう柱の下だけ 基礎があるってやつで 
建物のしたをぜーんぶコンクリートで敷き詰めちゃう 大げさな奴はべた基礎とか布基礎とゆって いまのプロが建てる建築は全部それとゆうことだ 
 

今回もぼくは コンクリートもったいないし 壊す時めちゃくちゃこまるから シンプルな独立基礎で

ちなみに築百年のぼくらが住んでる家の基礎は ただの石  

IMG_3205.jpg 
古代エジプト式で 材を運ぶ 一人でも かなり重い材を運べる

IMG_3206.jpg 
とりあえず はしら一本たてて つっかい棒で固定 今日はこれまで  

IMG_3167.jpg 
廃材を渡るえんじゅ