薪置き場

2010-12-27 | 23:51

あまりにも寒すぎていろんなことのやる気がいっきにうせる

今日この頃ですが 薪風呂にしたのと 来シーズンには

薪ストーブもいれないとやってられないので 

そのために薪を集めようと まずは薪置き場を作ったり

薪割りをしたりしています

ちなみに最近家の中の温度は朝おきたときが0度

昼は6度くらいまでしか上がらん

石油ストーブをたいても ストーブの前方一メートルくらいしかあたたまらない

なぜなら この家は天井 床 壁 上下左右前後すべてが

すきまだらけで とゆーかそもそもすきまとゆうレベルじゃないくらい

ふつうに開いているので 窓を全部しめてても

カーテンがひらひらなびいているのだ

この通気性の良すぎるところが

湿気の多い日本で すでに築100年経っていて

まだあと100年はいけるんじゃないかとゆう長持ちのポイントなんだろう

が 寒がりのぼくにとってはつらいっ!!!

CIMG7850.jpg 
薪置き場一号 

 
CIMG7848.jpg 
二号 

CIMG7849.jpg 
三号

CIMG7851.jpg 
四号

一号はいい角材使いすぎてもったいないので
二号からは 杉の間伐材でつくった

あとは薪をためるのみ

しかし薪の生活なんてしたことないので どんくらい

薪をためればいいのかわからんけど 

幸い山なのでなんぼでも木はてにはいりそうだ

ちなみに 薪にするには最低でも切ってから

1年は乾燥させないとつかえないとゆうが

まだぼくらはひっこしてきて一年目で

ご飯の煮炊きと薪風呂生活できているんだけど

それは なぜかこのいえの屋根裏には かなりの量の薪が

何十年分の埃をかぶってねむっていたのと

あと 幸次さんの家には 

(いきなり幸次さんとゆっても だれだ?って感じだとおもうが
2年前アイヌの地からやってきて 木彫りを教えてくれたり
ぶっとんだ生き様と死にざまをみせてくれた
伝説の木彫り職人 藤戸幸次氏のことだ)

いっしょにもらいにいった桜がいい感じに乾燥して大量に

保管されているので それをもってきて

ごはんが炊けたり 風呂にはいれたりしているのだ

ありがたいことだ

スポンサーサイト

Comment

木のぬくもり、いいですね

沢山の工夫と、物を大事に使う気持ちがあると、冬もあったかく乗り切れそうですね!

我が家もほぼノーエアコン、家族全員、家の中でもまんまるに着膨れしてコタツに頼る日々です(笑)

ブログですが、【田舎のヴァイオリン弾き日記】で検索してみて下さい。出てくると思います。

  • 2010-12-28 | 02:49 |
  • 170才ヴァイオリン URL :
  • edit

Post a comment

Secret