ネパールへ向かう

2011-01-20 | 01:20

17日~18日のバンコクからネパールまでの日記です

待ちに待ったネパールへのフライト 15時15分発の GMGエアライン ダッカに1泊のコースである。
CHECK IN カウンターで 友達の のりまおにすぐ会うことができた。
ダッカで荷物をゲット出来るときいていたのに ネパールでの受け取りだと聞いてちょっと不安になる、
そして 少し遅れて搭乗開始。めちゃくちゃちっさい飛行機でボロい。
でも 機内食もでてきて 普通においしく 着陸も成功!! 
ふ~っと これで4回のうち1回はうまくいった!? で、
トランジットの人は GMGのカウンターの所で待てと言われ 待つ
4人とも なぜかビーマン バングラデシュだと思い込んでいたけど これはGMGだった。
いい噂を聞かないビーマンでさえ カウンターに常時スタッフが4,5人いて立派に見えた。
なぜなら GMGのカウンターは 誰もいないうえに 小さくてぼろい。。。
そして 1時間ほどして やっと女のスタッフが現れた。 宿はどこなんだと言う質問に答えず
Eチケット持って 待てと言って消えていった・・・

それから3時間ほどして もう諦めかけていたら お姉さんが現れた!
しかし 答えは「You sleep here」だった。 他に待っていた人たちも文句を言っていたが答えは変わらない。。。
で、荷物も心配になり 預け荷物をもう1回受け取れるかと聞くとできるから 5番のバゲージレーンに行けと言うので
行ってみると そこはイミグレの外!   VISAを持っていない私たちは そこを通ることはできない
お姉さんが消えたら また大変だと たけがダッシュで聞きに行ってくれた。
したら なんなくスルーしてゲット出来て 一安心
しかし、明日この荷物はどーやって預けるのか?ナイフとかが入ってるから 機内には持ち込めないぞと言うと
お姉さん「NO PROBLEM 明日持ってカウンターのところに来てくれればよい」と、、、。

とりあえず 空港でねるなら それはそれで早く言ってくれればよかったのにといいながら
空腹を満たし、これは のちのちいいネタになると思い ふっきれた
なかなか ネパールへの道は遠い。喜びを倍増させるためのシチュエーションなのか? 明日も何が起こるのか?
そして 蚊がめちゃくちゃいるけど 眠れるのだろーか?
    明日の日記につづく、、、、、、、、、、。




1月18日    昨夜は やはり蚊がいて ほとんど眠れなかった。
まおちゃんいわく 寝袋にもぐりこんで寝ていたうちらを空港の職員が相当みていたらしい。
起きてもしゃーないから 横になって寝てると ザワザワしてきて寝袋から顔を出すと
かなりの人がいて 床で寝ていた たけはまるでホームレスのようだった。
それから 昨日から待つこと20時間 よーやく時が来た
で、でかいバックパックは ナイフも入ってるし 機内には持ち込めないからねと何度も言って
OK OKと言われていたのに 最後の最後にセキュリティーチェックでかばんを通したら
「ナイフが入ってるじゃないか」
もー だからー言ってるじゃーんと 最後の最後まで GMGは大変だった。
そして 1時間ぐらいのフライトで無事到着!
カトマンドゥに足を踏み入れた時はもう 嬉しくてたまらなかった。

そして ゲストハウスにチェックインして とりあえず みんなでチャイで乾杯!!
ネパールはこんなに遠いとは。。。でも おかげで うれしさ倍増だった。
そして 6年ぶりのネパールは 想像以上に おもしろ雑貨があってわくわくしている

旅というのは 日本では考えられないような出来事が起こると言う事を 最近ゆるくなりすぎて忘れていた
でも これが旅なのだ。 そして これが旅の面白さでもあるのだ。


空港で寝る たけと友達  
    
CIMG7915.jpg 


スポンサーサイト

Comment

Post a comment

Secret